トップページ
イタリア町めぐり

ヴィテルボの旧市街 地図

写真はすべて1996年7月撮影

 ヴィテルボ(ビテルボ)は、ローマの北数十キロのところにある古い町で、歴史好きや美術好きにはこたえられないところである。
ローマのポーポロ広場そばの駅から私鉄があるというので、行ってみたところ、昼間は直通列車がないとのこと。Saxa Rubra(「サカザ・ルーブラ」と駅員は発音していた)という殺風景な途中駅(現在は改築して立派な駅になったらしい)でバスに乗り換え、1時間半もかかってしまった。

 この町には2泊したが、もっとも印象に残っているのは、宮殿でも美術館でもない。旧市街の中心部にある家族経営の小さなトラットリーアなのである。
 腹が減ったので夕食をどこかで食べようと、狭い町の中をうろうろと歩いていたのだが、夜の8時にもなろうというのに、どこもガラガラ。ところが、そんななかで、ただ1軒だけ賑わっている小さなトラットリーアがあるではないか。
 これは、よほどいい店に違いない。思わぬ発見に舌なめずりをしながら、私はその店に足を踏み入れた。

 予想に違わず、そこは居心地のいい店であった。60歳ほどの太った主人は、中央のテーブルに陣取り、顔なじみらしい人たちと楽しそうに話をしている。ときに、これまた貫祿のある奥さんが会話に加わる。
 一方で、息子と娘は、真剣な顔つきで料理を運びながらも、しばしば父親に怒られている。
 もちろん、どんなに忙しくても、勘定は主人の役目である。家族といえど、他人に金を触らせないのは、イタリアの家族経営の店でよく見かける光景だ。
 それにしても、これならば店が込むのは当たり前だという雰囲気であった。私自身も、陽気な主人のもとで、実に楽しいひとときを過ごすことができた。
 ところがである。その店には、たったひとつ問題があったのだ。

ホテルの部屋から
安ホテルの窓から、洗濯物を取り込む姿が見えた。

教皇の宮殿
旧市街の南端にある「Palazzo dei Papi (パラッツォ・デイ・パーピ)」。「教皇たちの宮殿」という意味で、歴代教皇が利用した。


旧市街の中心部
旧市街の中心部。暗くて狭い道を歩いていくと、小さな広場に出た。ここプレビシート広場の周囲は、Viterbo最古の地区。

 それは、食事がちっともウマくないということである。マズいとまでは言わないが、スパゲッティはアルデンテではないし肉の味付けもいま一つ。これじゃ新宿あたりの安イタリア料理店と変わりない……私は、小さなホテルの小さな部屋で沈思黙考した。
「うーん、たまたま、頼んだメニューがよくなかったのかもしれないぞ。そうじゃなけりゃ、あんなにこんでいるわけがないしなあ。よし、あした、もう一度挑戦してみよう」

 翌日は日曜日であった。店は前日以上の混雑ぶりだったが、二晩も続けてやってきた東洋人に対して、主人は握手までして出迎えてくれた。席につくと、私は、なるべく多くの人が食べている品を注文することにした。
 私の席のすぐ前にはテレビが置かれていた。食事を待つ間、ぼんやりと見ていると、ファッションショーがはじまった。場所は、どうやらローマのスペイン階段らしい。
 すると、店で一番派手な格好をしていて、私もさきほどから気になっていた若い女性が、私のテーブルにやってきて座るではないか。
 もっとも、彼女が、この店の主人の娘の一人であることはわかっていた。それにしても、原宿あたりを徘徊しているコギャルと見まごうばかりの派手なメークに、肩を思い切り出した服。その彼女が、視線をテレビに向けたまま、微動だにしないのである。
「ローマから遠くはないといっても、ヴィテルボは田舎町だよなあ。彼女も、都会にあこがれているんだろう」
 私は微笑ましく思いながら、目の周囲をべったりと塗りたくった彼女の横顔を見ていたのである。
 ところで、問題の食事であるが、やっぱりウマくなかった。でも、雰囲気は満点だった。近所の人びとは、この雰囲気にひかれてやってくるのだろうか。
 私は、ワインでぼんやりとした頭のなかで、そんなことを考えながら、安い勘定を払って店を出たのであった。


●所在地
ラツィオ州・ヴィテルボ県(県都)
●公共交通での行き方
・ローマオスティエンセ駅から、ヴィテルボ行きで約1時間40分。1時間に1本。
・ローマテルミニ駅からヴィテルボ駅まで、オルテ乗り換えで約1時間半。オルテからは平日約10往復、休日は本数が少ない。
・私鉄のNord Roma Viterbo線は、ポーポロ広場近くの地下から発車。日中は途中駅でバスに乗り換え。

●見どころ
・旧市街の曲がりくねった細い道と古い家。「教皇たちの宮殿(Palazzo dei Papi)」をはじめ、由緒ある建築物や美術館も多数。
●老婆心ながら
長距離バス利用時は、城門近くで降りること。バスターミナルは町はずれにあり、旧市街までは徒歩で約20分かかる(市内バスの便あり)
城門をくぐるバス
市内バスは器用に城門をくぐり、旧市街に入っていく。

■「よろず話」トップページに戻る | 「イタリア町めぐり」目次に戻る■