トップページ
路面電車いまむかし
タイトル




博多駅前 博多駅前をゆく507号車。渋い塗りわけが魅力。


 西日本鉄道(西鉄)福岡市内線は、最盛期には30キロを越える路線網をもつ路面電車であった。ここを訪れたのは1973年7月。すでに一部の廃止がはじまっていたころである。
 この日の気温は36度を越え、日なたはさらに暑かった。そんななかで、かろうじて残したのがこれらの写真である。

撮影:1973年7月

 博多駅近くをゆく500形572号車。
 バックに写っている太陽銀行は、太陽神戸銀行になり、太陽神戸三井銀行になり、さくら銀行になり、三井住友銀行になったのだろうか。
西新の交差点

連接車  西新の交差点で信号を待つ605号車。30年後にここをたずねてみると、すっかり様子が変わってしまっていた。

 西新のすぐそば、今川橋停留場に到着した連接車1104号車の姪浜行き。
 福岡市内線廃止のあと、連接車は大量に北九州市内線に移動することになる。
 バックの町並みがいい感じ。
車庫

 同じく、今川橋に停車中の571号車博多行き。
 側面には、「ビクター4チャンネルステレオ」の広告が。


 それにしても暑かったこの日、高校生の私にとって印象に残った女性二人を見た。
 一人は、市電のなかで胸をはだけて、赤ちゃんにおっぱいをあげている女性。以前には、東京でもよく見かけたが、久しぶりに目にしたのである。だが、こんな古きよき情景(?)も、いまはまったく見ることができなくなったのは残念である。
 もう一人は、駅構内の食堂で食事をとっていたときに見かけた「おかま」の女性(?)。いまでこそ珍しくないが、当時はびっくりしたものである。女性の格好をして(でも、ちょっと大づくり)いながら、ダミ声というアンバランスが不思議であった。「さすが博多だ」と思ったものである。連れは50代後半とおぼしき男性2人であった。それにしても、なぜ駅構内の食堂で……?
 そんな思い出の福岡市内線も、徐々に廃止が進み、1979年にはとうとう全線が廃止となったのである。


 


■「よろず話」トップページに戻る | 「路面電車いまむかし」表紙に戻る■