トップページ
路面電車いまむかし
page 1 2 3  4
タイトル
大島三丁目から竪川(たてかわ)にさしかかろうとする[29]番須田町行き。
7000形は比較的新しいだけあって、乗り心地がよかった。
このあたりでは、道路の中央部分が専用軌道になっていた。
 1972.7
竪川に向かう[29]番

夏の専用軌道 専用軌道を行く[38]番。日射しが夏を感じさせる。
 1972.7


竪川で、専用の橋を渡る[29]番葛西橋行き。
 1972.7
竪川の専用橋

永代橋を渡る 永代橋を渡るのは[28]と[38]番。
アーチが美しい橋だ。
 1972.08


日本橋をゆく[28]番。
後ろに見える東急本店も、もう過去のものとなってしまった。
 1972.08
日本橋東急本店前

日本橋 日本橋終点のあたり。都心に都電が走っているのは、当時でもすでに珍しく感じられたものだった。
 1972.08


 


▲ 前ページへ page 1 2 3 4 次ページへ ▼

■「よろず話」トップページに戻る | 「路面電車いまむかし」表紙に戻る■