トップページ
路面電車いまむかし
page 1 2  3


タイトル
宮ノ前 「宮ノ前」という停留場の名前からして、前にお宮があるのだろうと思ったところ、やっぱりあった。
このあたりは併用軌道がつづき、都心を走っていたころの都電を思い出させる雰囲気。
 1973.3


栄町から王子に向かう急カーブ。このころは、まだ東北新幹線の高架線もなく、空は広々していた。
近くに「紙の博物館」なんてのがあったっけ。
 1974.1
王子・栄町間の急カーブ


王子駅前停留場 王子駅前で三ノ輪橋行きに乗り込む人びと。
 1973.3


* 写真にポインタを合わせると、この27年後の様子が見られます。

早稲田方面からやってきた電車は、飛鳥山停留場を過ぎると、専用軌道からいったん併用軌道に出る。
江戸時代からの桜の名所、飛鳥山公園から撮った写真。  1974.1
飛鳥山停留場

飛鳥山停留場 飛鳥山停留場そばで、はねつきをする子供たち。
 1974.1


飛鳥山から滝野川に向かう途中にある商店街。八百屋と駄菓子屋が並ぶ味わい深い商店街だったが、いまでは店がほとんどなくなり、すっかり寂れてしまったそうだ。
  1974.1


滝野川あたり


 


▲ 前ページへ page 1 2 3 次ページへ ▼

■「よろず話」トップページに戻る | 「路面電車いまむかし」表紙に戻る■