トップページ
東京 -昭和の記憶-

 
タイトル
 

 愛宕山といえば、港区のなかにある標高26mの“高山”である。かつては見晴らしがいい場所だったということで、この山の上から撮った古い写真をよく見たものだった。
 その西側のふもとにあるのが虎ノ門や神谷町で、今ではビルが建ち並び、外資系の企業も多く集まっている。1980年代までは、そんなビルに交じって、古い看板建築の商家や板壁の民家がずいぶん残っていた。

 当時は、このあたりには縁がなかったので、あまり写真を撮っていなかったのは残念である。愛宕トンネルを中心とした場所で撮った、数少ない写真を公開しよう。

*写真にマウスポインタを置くと、同じ場所の2019年の写真が見られます。


栄閑院に突き当たる道

大通りを背にして、愛宕山の方向を望む。突き当たりの竹内商店はすでになく、杉田玄白の墓がある栄閑院(猿寺)が直接見えるようになった。
左側にあった4軒の棟割長屋は、駐車場になっていた。下の2枚の写真は、棟割長屋のアップ。破風の玄関が立派である。  

*下の2枚には現在との対比はありません。

1985/08(2019/02)

破風が立派な四軒長屋 破風が立派な四軒長屋


愛宕山の西側の縁に沿って走る道にも、古い民家が軒を連ねていた。右は天徳寺。マンションが建って東京タワーは見えなくなってしまった。
だが、画面ではわかりにくいものの、マンションの屋上の上に、ちらりと東京タワーの先端だけが見えている。

1985/08(2019/02)

東京タワーが見える裏通り

破風が立派な四軒長屋

愛宕山をくぐるトンネルの入口。付近には、看板建築の商家が並んでいた。向こうから2軒目の店は、看板に「清水商店」と記されている。

1985/08(2019/02)


*おまけ
大通りと並行した道に、21世紀まで奇跡的に残っていた板壁の木造民家群。この裏側にも何軒か並んでいた。
2019年2月現在、一番左の家(木の葉の陰)が残り,あとは駐車場になっている。

*現在との対比はありません。

2008/06

木造の民家群

 


■「よろず話」トップページに戻る | 「東京 -昭和の記憶-」表紙に戻る■

iPhone/iPadアプリ『timetours』 このページの写真を含む今昔の比較写真は、iPhone/iPadの今昔地図アプリ『Timetours』のライブラリ「プライムギャラリー/東京南東エリア」に収められています。
アプリ、データとも無料!
地図と対照しながら大サイズで楽しめます!