トップページ
東京 -昭和の記憶-
page 1 2 3

 
タイトル 
 

 牛込といえば、江戸時代は大名や旗本の住む武家屋敷が集中した地域で、伝統ある山の手の住宅街である。 しかし、1970年に都電13系統が廃止されてから、近くに地下鉄の駅がなく、牛込は東京の陸の孤島などと言われるようになってしまった。
  一方、周辺は戦災で焼け残った地区が多く、細くて起伏の多い道が続き、昔ながらのたたずまいを残していたのである。

  ところが、2000年の都営地下鉄大江戸線開通と前後して、あたりの様子は一変。あちこちで道路が拡幅され、高層マンションやビルが立ち並ぶ町となってしまった。
  いま思えば、もっともっと写しておけばよかったと後悔するばかり。富久町あたりに迷い込み、「次はカメラを持ってこよう」と思ったこともあったが、結局それっきりになってしまった。
  かろうじて大久保通り沿いだけではあるが、1980年代に撮った写真がこれである。

*写真にマウスポインタを置くと、同じ場所の2007年の写真が見られます。

岩戸町4番地

神楽坂上から大久保通りを新宿方面に歩いていくことにしよう。ここは、神楽坂の近く、「岩戸町4番地」という表札がかかっていた。
  すでに、家は立ち退いたあとだと記憶している。
  現在の場所は確定できないが、住所からするとこのビルのあたりか?

1984.11(2007.2)


上の写真とは大久保通りの反対側(南側)。中央が一五屋米店、右が中華料理屋、左は新聞販売所か。
2007年の撮影時には、場所を割り出すのに苦労したが、中央の一五屋ビルというビル名でわかった。中華料理店は、ワインバー「トラン・ブルー 岩戸町店」となっている。

1984.11(2007.2)

岩戸町の一五屋米店

箪笥町のY字路

岩戸町から箪笥町(たんすまち)に入る。右に入る道は、この先で急に狭くなる。現在、右の道を入ったすぐ右手に、大江戸線牛込神楽坂駅の出入口が設けられている。
ちなみに、この町の名は「お箪笥もの」つまり武具を作る人が住んでいたことに由来すると聞いた。

1984.11(2007.2)


上の写真の反対側(北側)。このゆるやかな坂をのぼると、いくつもの寺が見えてくる。
そして、坂下にある公衆便所は2007年も健在。交通量の多い道に面した場所で、いたすのは落ち着かないものだが、タクシー運転手は重宝しているようだ。

1984.11(2007.2)

箪笥町の坂

北山伏町の和泉屋文具店

北山伏町。豪壮だった和泉屋文具店は、ビルの建設中なのかシートがかぶせられていた。
その向こうの正運社運送の車庫は2007年も健在であった。

1987.2(2007.2)


 


page 1 2 3 次ページへ ▼

■「よろず話」トップページに戻る | 「東京 -昭和の記憶-」表紙に戻る■

iPhone/iPadアプリ『timetours』 このページの写真を含む今昔の比較写真は、iPhone/iPadの今昔地図アプリ『Timetours』のライブラリ「プライムギャラリー/山手線北エリア(82地点)」に収められています。
アプリ、データとも無料!
地図と対照しながら大サイズで楽しめます!