トップページ
とりあえず写真館


天草下島・東海岸 (2003年)

東海岸を走るバス
バスの車窓
浅海の集落
 天草の下島にある牛深は、妻の親友のお母さんの出身地とのこと。その里帰りに便乗して、初訪問をしたのは2003年のことであった。
 ダイビング三昧の妻とその友人とは別行動で、私は一人、路線バスの旅を楽むことにした。
 下島の観光地というと、大江天主堂や大浦天主堂、下田温泉あたりが有名だが、どれも島の西側にある。それはそれで、なかなかいいところなのだが、せっかくだから東側の海岸も訪ねてみたくなった。
 幸いなことに、東海岸も日に3、4本ほどバスの便があるという。これを利用し、宿泊地の牛深から深海までバスに乗車。帰りはそこから、浅海、山の浦、中浦と戻りつつ、数キロほどを歩いたのであった。
 有名な観光地はないが、海のそばまで山が迫り、そこにへばりつくように広がる集落。そして、その沖に広がるのどかな海が印象的だった。
 つらかったのは、晩夏の日射しを遮る場所が少なかったこと。帰ってきたら手も足も真っ赤になって、みんなにあきれられてしまった。
2005年11月作成




■「よろず話」トップページに戻る | 「とりあえず写真館」表紙に戻る■