トップページ
とりあえず写真館


カイロの喫茶店 (2001年)

喫茶店でくつろぐ人
 カイロの中心部、タハリール広場から東に約100~200メートル。ナイル川とは反対の方向に歩いたところに、その喫茶店はある。エジプト博物館(考古学博物館)やナイル・ヒルトンから近いにもかかわらず、ここまで足を伸ばす観光客はほとんどいない。
 通りに面した喫茶店は、外側がガラス張りで見通しがよい。カイロ滞在中は、暑い日射しに頭がぼんやりする昼下がり、毎日ここに休みに来た。
 実は、この喫茶店では堂々とビールが飲めるのだ。とはいえ、ビールを飲む人は、ついたての奥、道路からは見えない場所に座るようになっているらしい。
 そんな席で、エジプト人のおじさんやお兄さんたちにまじって、ステラビールを飲みながらぼんやりテレビを眺めているのは旅人冥利につきるというものである。
 空気が乾いているから、エアコンがなくても扇風機だけで十分に涼しいのだった。
2005年11月作成




■「よろず話」トップページに戻る | 「とりあえず写真館」表紙に戻る■