トップページ
とりあえず写真館


江東区の蒸気機関車 (1970年)

小名木川貨物駅付近
 ハーフサイズのカメラを持って都電の写真を撮っていると、なにやら石炭の臭いとともに汽笛が聞こえてきた。越中島貨物線の蒸気機関車であった。
 当時ですら、こんなところに走っていたとは意外な感を受けたものだった。
 やがて、町のなかだというのに、こんなに煙をだしていいのかと思うほど、もくもくと黒煙をだして発車していったのであった。




■「よろず話」トップページに戻る | 「とりあえず写真館」表紙に戻る■