トップページ
とりあえず写真館


神戸・ルミナリエと屋台 (2002年12月)

ルミナリエと屋台
 友人たちと久しぶりに再会した神戸で、ルミナリエを見てきた。ポスターで見ていれば十分だと思っていたが、さすがに実物を見ると感動的である。
 バックに流れている教会音楽にあおられたのか、なんとも厳粛な気持ちになってきた。あの震災の惨状が思い出され、うっすらと涙がにじんできたことを白状しなければならない。
 だが、広場のあたりをうろうろしているうちに、そのあまりにキリスト教的な荘厳さに、やや違和感を覚えはじめたのも確かであった。
 そんなとき目に入ったのが、会場の周囲に繰り出した無数の屋台である。
「おお、これだ、これ!」
 背後の荘厳さを、まるであざ笑うかのような日本的な猥雑さ。その対比に思わずにやりとしてしまった。まだまだ日本も元気だ……なんて思ったのである。




■「よろず話」トップページに戻る | 「とりあえず写真館」表紙に戻る■