トップページ
とりあえず写真館


ルーマニア・シギショアラ (1985年)

町並み
サッカーをしていた子どもたち
 ルーマニアのシギショアラ(sighisoara)といえば、ドラキュラ伯爵の生まれ故郷として知られている。残酷な支配者という伝説があるが、実は地元では名君として知られているんだそうな。首都のブカレストから列車でやってきたこの町は、なんとも古めかしく、天候のせいもあったのだろうが薄暗い雰囲気であった。
 まあ、このときはドラキュラより恐いチャウシェスク大統領がいたのだから、どことなく国全体が暗いのもうなずけた。
 旅行するにはなにかと不便な国ではあったが、それでも、もともとラテン系の血が濃いルーマニア人だけあって、人なつこいところがあり、旅行者に対してもずいぶん親切であったという印象を持っている。




■「よろず話」トップページに戻る | 「とりあえず写真館」表紙に戻る■