トップページ
とりあえず写真館


台北・龍山寺あたり (1991年)

台北の屋台
 台北に行くと、龍山寺あたりをうろつくのが一番の楽しみである。お寺のなかでぼんやりとしているおじさんたちを見たり、ごちゃごちゃした道を歩きまわったりしているだけで、うきうきしてくる。
 そして、夕方になると屋台に灯がともり、いつのまにか人が集まってくる。
 台北の町がきれいで便利になるのはいいけれど、ここだけはずっと変わらないでいてほしい。




■「よろず話」トップページに戻る | 「とりあえず写真館」表紙に戻る■