タイトル
-1970~80年代、トロッコ、森林鉄道、専用鉄道…探訪記-
2019.2.27 更新
立山にて

1970年代から80年代にかけて、日本のあちこちを旅したときに、わけのわからないトロッコやら、森林鉄道やら鉱山鉄道などを探しまわったときの記録です。

それにしても、こんなおかしな趣味が市民権を得るとは、時代は変わったものです。

長らく間が空いてしまいましたが、「落穂拾い 本州編」をアップして、20世紀に撮影した「時刻表にない鉄道を求めて」はひとまず完結です。今後は、一部ページのリニューアル、増ページを予定しています。
●レール幅1067mm未満の部
■日本あちこちトロッコ旅 ■林鉄ひっそり探訪記 ■その他さまざまな鉄道
楓炭鉱の手押しトロッコ 遠山森林鉄道 立山砂防軌道
日暮里駅の工事用トロッコ 加江田森林鉄道 太平洋炭鉱専用線
三厩の製材所のトロッコ 木曽森林鉄道 住友セメント葛生専用線
釧路の製材所のトロッコ 西沢森林鉄道(跡) 日鉄鉱業尻屋専用線
夕張のトロッコ 飛騨小坂の森林鉄道(跡) 大嶺炭鉱の軌道(跡)
上砂川のトロッコ 下北半島の森林鉄道(跡) 北海道の簡易軌道(跡)

津軽半島の森林鉄道(跡) 奥多摩工業曳鉄線
●レール幅1067mm以上の部(日本各地の専用線)
日本セメント上磯工場 東京都港湾局専用線(晴海) 日本鋼管京浜製鉄所専用線
日の出桟橋の専用線    
●落ち穂拾い
九州編 北海道編 本州編 new!


■「よろず話」トップページに戻る