トップページ
時刻表にない鉄道
page 1 2
タイトル
 中央本線の塩山駅からバスで一時間あまり、西沢渓谷は東京近郊のハイキングコースとして有名な場所である。ここに森林鉄道の跡があるという話は、その筋の人間にとって常識(?)であった。
 というわけで、新宿発の夜行列車に乗って出かけたのである。よく考えると、このときは予備校生の夏休み。まあ、気分転換のつもりで出かけたのだろう。

 塩山着はたしか3時前だったような気がする。ここで、夜が明けるのを待ち、始発のバスに乗ることにした。駅周辺は、各方面への始発バスを待つ山男たちでごったがえしていた。そんななかに、ショルダーバッグをかかえてぼんやりしている私は、まるで場ちがいな存在である。
「ボクは山登りに行くんじゃないんですよ。だから、こんな軽装なんですよぉ……」
 などと、心のなかで無意味な言い訳をしながら、夜明けを待った。



廃軌道

 場所によっては道床が流されてしまったところもあったが、原形を残している区間も多く、いまにも運材列車が走ってきそうな気がした。




西沢森林鉄道の所在地 西沢森林鉄道の地図

所在地: 山梨県東山梨郡三富村
訪問日: 1975年8月


Nishizawa forest railway
Mitomi-Mura Village, Yamanashi.
1975/8



 軌道跡はバスの終点の対岸にある。
 恐い吊り橋を渡り、いよいよハイキングコース兼軌道歩きが始まるのであった。

吊り橋



廃軌道注意の看板  ハイキングコースは、吊り橋で渡った地点から上流に向かっていく。
 軌道跡はここから下流(塩山側)にもあったが、ダム建設のために通行止めとなっていた。
 右側の看板には、「廃軌道のため、危険につき、通行を禁ず」との表示。
 左側の看板は、「発破作業のお知らせ」。



 この日も、ハイカーがずいぶんいた。犬までいた。やっぱり、ここはリュックサックかナップザックで来るところらしい。
 少なくともこの日は、軌道跡の写真を撮っている酔狂な人間は見かけなかった。
 それにしても、こんな山のなかにレールがあることに、みんなは不審を抱かないのだろうか。
犬もいっしょにハイキング


 


[1/2ページ]


次のページに進む▼


■「よろず話」トップページに戻る | 「時刻表にない鉄道」表紙に戻る■