トップページ
私鉄ローカル線
page 1 2
タイトル

秋鹿町駅
秋鹿町(あいかまち)駅に到着する電鉄出雲市行き。
昭和2年製のデハ23を先頭にした3両編成。右に宍道湖が見える。  1979.3

一畑電鉄路線図

---- 宍道湖沿いを走る山陰の私鉄電車 ----

 国鉄松江駅から北西に徒歩で15分ほど、宍道湖のほとりに一畑電気鉄道の松江温泉駅(現・松江しんじ湖温泉駅)があった。1979年に私が訪ねた当時は、古めかしくて風格のある駅だったと記憶している。
  ここから、一畑薬師の入口である一畑口、平田市(現・雲州平田)、川跡を経て電鉄出雲市に至る路線と、川跡から分岐して出雲大社前に至る2本の路線は、当時も2008年の今も変わらない。
  途中、一畑口ではスイッチバックになっているが、これは一畑口の北に位置する一畑薬師まで路線があった名残である。

訪問:1979年3月
 


松江温泉駅の改札口
朝の松江温泉駅。7時26分発の電鉄出雲市行き急行の改札が行われている。
改札の上に、「出雲大社行は川跡でのりかえ」と書かれているのはわかるが、「一畑薬師行は一畑口でのりかえ」ともあるのが興味深い。
すでに、その区間は1944年に運行が休止され、バスが走っているのみである。

1979.3


松江温泉駅の行灯式発車時刻表。下り21本の電車はすべて電鉄出雲市行き。うち5本が急行である。
2008年4月現在、全23本、うち急行が1本。本数が増えているのはめでたいことである。

*写真にポインタを合わせると、時刻表を拡大表示します。


1979.3
松江温泉駅の時刻表


秋鹿町駅 松江温泉から10分あまりのところにある秋鹿町駅で下車。乗ってきた急行を見送る。
Mc+Tcの2両編成で、手前側はクハ172。元西武鉄道の車両である。
その後、ヘッドライトはブタ鼻タイプの2灯に変わったようだが、やっぱりこちらのほうが整っている。

1979.3

私が乗ってきた急行と、秋鹿町で交換した松江温泉行き急行。
手前はデハ61。やはり、西武鉄道からやってきた車両である。
この付近は宍道湖に沿って走るが、湖と線路の間に、道路が割り込んでいる。

1979.3
秋鹿町駅





 



page 1 2 次ページへ ▼

■「よろず話」トップページに戻る | 「私鉄ローカル線」表紙に戻る■