トップページ
時刻表にない鉄道
タイトル
 東京の晴海(はるみ)といえば、東京湾に面した古い埋め立て地。ここには国際貿易センターがあり、千葉の幕張メッセができる前は、国際見本市やモーターショーなどといった大きな催し物が開かれていた。
 この晴海には、国鉄の越中島貨物駅から専用鉄道が延びており、青いボディーのDD13がいるという話を、なぜか鉄道雑誌で読んで知っていた。
 そんなわけで、晴海のモーターショーの帰り(当時はまだ車に興味を持っていた!)に、近くをうろうろしていると、例の機関車がすぐに目に入ってきた。
晴海の臨海鉄道


 小野田セメントの工場を背景にした専用鉄道の風景。現在、この鉄道の敷地は公園になっている。右手奥に青いディーゼル機関車が見える。
 左のバスは、見本市会場に向かう都営バス。1960年代後半から1980年ころまでの都バスの色である。

1970/11

晴海臨海鉄道の所在地 晴海の位置

所在地: 東京都中央区
訪問日: 1970年11月,1973年7月



青いDD13  近くから見たディーゼル機関車。国鉄のDD13と同じだが、確か自社発注のオリジナルだったと記憶している。
 それにしても、中学生のくせをして、こんなものを写していた私って……。
1970/11



 ある日のこと。北海道の明治鉱業(留萌鉄道)で働いていた独クラウス社製の15号機が、なぜか一時的に晴海にいるというニュースを耳にした。
 さっそく出かけてみると、いかにも写してくださいといわんばかりに止まっていたのであった。
1973/7
クラウス15号機



クラウス15号機  実に優雅な姿である。「レイルNo.22 私鉄紀行『北線路』」(湯口徹著、プレスアイゼンバーン)によると、現在は北海道の沼田に保存されているとのこと。このときは何かの展示のために海路で東京港に上陸したところだったような……かすかな記憶がある。
1973/7


 専用鉄道や専用線といったものを追うのは極力避けていた。というのも、こんな奥深い(?)ものにかかわったら、泥沼に両足をとられて、社会生活が送れなくなると危惧したからだ。
 もっとも、本サイトからリンクをしている人びとには、そんな専用線を追った人がいたりして、まったく頭が下がる思いである。
 そもそも、このときはまだ中学生。晴海の専用鉄道はたまたまそこにあったから写真を撮ったというだけのものである。いつでも撮れると思ってそれっきりだったが、いつのまにか廃止になってしまった。
 いまから思うと、春海橋を渡る青のDD13あたりを写しておけばよかった……まあ、この趣味は後悔の積み重ねで成り立っているようなものだからしかたがないとしよう。

 ところで、明治鉱業のクラウスであるが、「クラウス17号」といえば、廃車後に突如マスコミを賑わせて「フィーバー(ほとんど死語)」を起こしたかと思うと、あちこちに転売され、しまいには大阪の万博に展示されたという機関車。それに対して、15号機のほうはそれほどの騒ぎにも巻き込まれずに、比較的平穏な“隠居”生活を送ったと記憶している。


 



[1/1ページ]



■「よろず話」トップページに戻る | 「時刻表にない鉄道」表紙に戻る■