トップページ
時刻表にない鉄道
次ページへ
タイトル

 栃木県の葛生(くずう)といえば、ナローファンのメッカ。ナロー教の信者たる者、一度は巡礼に行かなければならない土地である(?)。
 だが、家から中途半端に近いことが災いして、私がようやくここに足を踏み入れたのは1977年になってからのこと。すでに日鉄鉱業羽鶴のネルソン(蒸気機関車)は姿を消し、駒形石灰の専用軌道もなくなっていた。
 このとき私が訪ねたのは、住友セメントの専用線。町の奥にある唐沢鉱山で産出される石灰石を、上白石貨物駅近くの住友セメント栃木工場まで輸送する軌間762mmの鉄道であった。


 石灰石を満載し、夕日を浴びながら葛生方面に向かう列車。

栃木工場付近にて

唐沢鉱山の所在地 住友セメント専用線の地図
所在地: 栃木県安蘇郡葛生町
訪問日: 1977年12月


Sumitomo Cement Inc.
Kuzuu-machi Town, Tochigi.
1977/12





12月なので、バックの山は雪化粧? それとも石灰岩の露天掘り?

 白い山肌をバックに
唐沢鉱山

これが、唐沢鉱山の採鉱所。列車はこのホッパーで石灰石を積み込み、工場まで輸送していく。

唐沢鉱山付近  唐沢の採鉱所付近ですれちがう列車。



 



[1/2ページ]


次のページに進む▼


■「よろず話」トップページに戻る | 「時刻表にない鉄道」表紙に戻る■