日本地図上の位置
広島県 広島
広島県 竹原
広島県 尾道
広島県
広島県 神辺
日本の町並み

神辺(広島県)

神辺町(かんなべちょう)は旧山陽道の宿場町として、昔ながらの町並みが残されていると聞いていた。訪れたのは、1986年の正月のこと。正月2、3日に限定発売された国鉄の東海道・山陽新幹線1日乗り放題パスを使って福山まで往復し、神辺のほか、矢掛と井原(岡山県)を日帰りで訪れたのだだった。明治になって開通した山陽本線が町を経由しなかったためか、古い蔵造りの商家が数多く残っていたことに感動した。
 町には1999年、かつての井笠鉄道神辺線をなぞって井原鉄道が開通。2006年には福山市と合併してその一部となった。
 2019年に再訪したときには、蔵造りの建物は減っていたが、旧本陣跡がきれいに保存されているのを含めて、まだまだ往時の繁栄を偲ぶことができた。

1986年1月撮影
Kannabe Town, Fukuyama City, Hiroshima Prefecture

キャプションの数字は撮影地点の緯度、経度、撮影方向(真北が0°で時計回り)
撮影日付に★のある写真は、ポインタを置く(タップする)と新しい写真に変わります。

神辺駅に近い商店街

神辺駅前から国道と別れて左に行く(北上する)道が旧山陽道。こうした土蔵造りの家が軒を連ねていた。1軒の家に見えるが、うだつをはさんで住民が違うのだろうか。2019年に訪ねたときは取り壊されていた。

34.538395, 133.379821
330°

1986/01

神辺駅に近い商店街

上の写真から約100m北上し、駅の方向を振り返ったところ。

34.539989, 133.379568
180°

1986/01

土蔵造りの菅波歯科医院

さらに50mほど北上したところにある土蔵造りの菅波歯科医院。虫籠窓となまこ壁のデザインがおしゃれ。このすぐ先で旧山陽道は直角に曲がり、三日市通りと呼ばれる中心街に入る。

34.541045, 133.379438
210°

1986/01 (★2019/08)

三日市通りの西端にあった土蔵造りの商家

三日市通りの入口にあった立派な土蔵造りの家。妻面のハの字型の瓦は、雨を流すためだろう。それに合わせたなまこ壁がおもしろい。建物を2つに分け、手前は「岡山木村らパン店」、奥は「大阪屋西店」と書かれている。

34.541203, 133.379439
120°

1986/01 (★2019/08)

神辺の三日市通り

土蔵造りの家が建ち並ぶ三日市通り。神辺本陣は道の左側(北側)、写真の左奥にあたる。その後、この周囲は町並みがきれいに整備された。

34.541601, 133.380492
75°

1986/01

神辺の三日市通り

上の写真から20mほど東に向かった三日市通りの南側。「井内薬店」の看板が見える。整備された家もあれば、取り壊された家もある。

34.541826, 133.381068
150°

1986/01 (★2019/08)

三日市通りと旧神辺本陣

左側が広々とした神辺本陣。公開日が限られているので内部は見られなかったが、これだけの規模で昔の状態を残している本陣はほとんどないという。

34.541874, 133.381220
60°

1986/01

旧神辺本陣

神辺本陣の正面。2019年の写真は、正面の全景を入れて撮ったもの。

34.542014, 133.381551
270°

1986/01 (★2019/08)

神辺城址に向かう道

三日市通りをあとにして、町の南側にある神辺城址に向かった。正月とあって、着飾って城跡の天別豊姫神社に向かう人が多かった。

34.541816, 133.382654
165°

1986/01

2020年5月公開


■トップページ「懐かしい日本の町並み」表紙■

Copyright (c) Takashi FUTAMURA