トップページ
時刻表にない鉄道
page 1 2
タイトル
 5万分の1の地図を片手に、北から南まで時刻表にない鉄道を求めて歩いていたころ。
 地図に軌道跡はあっても、行ってみると何もないといった空振りは数知れず。たとえ遺物を見つけても、たいした「発見」ではないという場合も多かった。
 ここでは、そんなお蔵入りの写真や、たいして珍しくもない写真を中心に収録。「時刻表にない鉄道を求めて」のコーナーの番外編として、地方別に紹介することにした。

 九州編は、筑豊の炭鉱が中心となってしまった。写真は、すべて1977年3月撮影。


■貝島炭鉱跡
貝島炭鉱機関庫跡 鞍手郡宮田町にあった貝島炭鉱の専用線は、前年に廃止となっていた。ここの専用線は、アルコ社製とコッペル社製のユニークな蒸気機関庫計4両が働いていたことで知られていたところである。
もう跡形もないかと思って訪ねてみたところ、まだ一部にレールが残り、機関庫らしき建物には機関車が見えたのである。


この機関車は、ドイツのコッペル社製のもの。同社製としては珍しい大型機として有名だ。写真は、31号機と32号機のどちらかは不明。現在、後述する直方市石炭記念館に、32号機が保存されている。
アルコ社製の2両の機関車は見当たらなかったが、宮田町町民会館と小竹町役場に保存されているらしい。
コッペル社製の機関車


貝島炭鉱の機関庫あたり

独特な形をした貨車も放置されていた。いまどきならば、廃墟好きの人が続々訪問しそうな場所である。
前年にも九州にやってきたので、そのときに来れば、走っている姿が見られたのに……。でも、そのときは、国鉄の蒸気機関車を追いかけるので精一杯だったっけ。



■宮田町の行き倒れ「KATO」
宮田町からバスで移動していたとき、突然車窓に飛び込んできたのがこの2両の機関車。あわてて、次の停留所で下車して引き返してきた。
加藤製作所製。隣の自動車もナンバーがないということは、スクラップ待ちだったのだろう。どこで使われていたのかは不明である。よく見ると、キャブの下に社紋らしきものがある。

写真にマウスポインタを合わせると、車両部分が拡大されます。
行き倒れのカトウ


■新日鐵八幡の専用線
新日鉄の専用線 これは、新日鐵八幡製鉄所の八幡地区と戸畑地区を結ぶ専用線。
「くろがね線」という愛称があるそうだ。下の写真は、路線の中央部にある宮田山トンネルの八幡側。
当時は複線だったが、現在では単線になってしまっているらしい。


新日鉄の専用線
新日鉄の専用線
 
 


 



page 1  2 次ページへ ▼


■「よろず話」トップページに戻る | 「時刻表にない鉄道」表紙に戻る■