トップページ
時刻表にない鉄道
次ページへ
三厩の製材所のトロッコ
 大学生のときは、休みになると旅行ばかりしていた。このときも、下北半島、津軽半島をあちこち歩きまわり、独特の文化やふんいきにひたりながら、実は森林鉄道の跡をたどっていったのである。
 そして、せっかくだから端っこまで行こうと、津軽線の終点の三厩駅まで行き、折り返しの時間を利用して駅のまわりをぶらぶら歩いていたときであった。突如、目の前に木製のトロッコとレールが目に飛び込んできたのである。

青森ヒバ製のトロッコ

三厩の位置 所在地: 青森県 三厩村
訪問日: 1977年10月
Miumaya(Minmaya)-Mura Village
Aomori
1977/10



よれよれのレールは、製材所らしき建物に向かっていた。私がそのままふらふらと引き込まれていったのは言うまでもない。

工場につづいていくレール

建物のなかは人気がなかったので、勝手に写真をうつしはじめる。内部には縦横にレールが敷かれており、レールが交差している部分には、このような金属製のターンテーブルが置かれていた。同じものは、遠山森林鉄道の終点でも見た。



 


[1/2ページ]


次のページに進む▼


■「よろず話」トップページに戻る | 「時刻表にない鉄道」表紙に戻る■