トップページ
時刻表にない鉄道
page 1 2
タイトル
 東京の本屋で買った5万分の1の地図を見ると、函館本線の美唄や砂川あたりには、たくさんの軌道があったことがわかる。国鉄からそのまま貨車が乗り入れる専用線も多かったが、いかにもトロッコらしい軌道も記されていた。
 とくに、砂川駅から分岐する支線の終点である上砂川駅周辺には、網の目のように線路が敷かれているようだった。
 とはいえ、それまで、地図を頼りにいってみたところが、あるのは廃墟ばかり……ということの繰り返しだったので、このときもあまり期待せずに、上砂川行きの列車に乗り込んだのであった。

上砂川のトロッコ

上砂川の位置 上砂川のトロッコの所在地
所在地: 北海道空知郡上砂川町
訪問日: 1979年8月

Kami-Sunagawa Town, Hokkaido.
1979/08




上砂川駅前  上砂川駅は、市街地のはずれにあった。

 降りると、目の前にがらんとした広い道があり、学校帰りの女の子が歩いてきた。
 奥の方に、ベルトコンベアらしきものが見える。



 道をそのまま進んでいくと、意外なことに壮大なトロッコの操車場(?)が見えてきた。

 どうやら、国鉄と同じ1067mm軌間の線路とナロー(600mmか762mmか?)の線路が混在しているようだ。
トロッコの操車場遠景



トロッコの操車場遠景  トロッコの荷は石炭だと思いきや、そこには山のように木が積まれていた。
「ふむう、ここは貯木場で、森林鉄道が走っているのではあるまいか」と思ったほどである。
 なぜこんなに木材があるのか、それは……わからなかった。

 (「北のMacおじさん」のお便りにより、坑道の壁に使用する木材であることが判明しました。お便り感謝します!)


 



[1/2ページ]


次のページに進む▼


■「よろず話」トップページに戻る | 「時刻表にない鉄道」表紙に戻る■