トップページ
東京 -昭和の記憶-
page 1 2 3 4 5

 
    タイトル 

たから通り、虎橋通りからつづく道
 京島地区の中央を、北西から南東に斜めに貫いているのが「たから通り」である。片側一車線の道に沿って、さまざまな商店が建ち並んでいた。そして、そのたから通りから北側に向かう何本もの狭い裏通りや路地が、京島三丁目の迷宮にいざなってくれたのである。
 なかでも、京島二丁目で紹介した「虎橋通り」からつづく道は、狭い道の両側に板壁の棟割長屋が並んでいて、趣が深かった。

たから通りに面して、何軒もの看板建築の商店が連続している建物。手前から、スナック、袋物(バッグ類)屋、クリーニング屋、不動産屋、写真屋、薬局となっている。
その後、味気ない外壁になったものの、2017年まで健在だったが、2018年夏に行ってみると、更地になっていた。

1989/01(2018/06)

たから通りの連続看板建築

長屋が連なる路地

たから通りと並行して、1本入ったところにあった路地と木造住宅。1980年ごろ、周囲の地域に先んじて、まっさきに取り壊され、集合住宅となった。

1978/08(2018/06)


京島二丁目で紹介した虎橋通りは、昭和のはじめに建設されたのち、北側に延長された。それがこの通り。
写真を奥を左右に走るのがたから通り。そこを突っ切ると、京島二丁目を経て押上に向かう。
今は道が拡幅されて、そびえ立つスカイツリーが見える。

1982/11(2018/06)

虎橋通りから北側に続く道

虎橋通りから北側に続く道

たから通りと直行する道のなかでも、この道だけが商店街をなしていた。それだけ古い(といっても昭和に入ってからだが)道だということがわかる。
いい雰囲気でカーブしていたが、今は昔の面影がない。

1981/03(2018/06)


上の写真の奥に見える木造の棟割長屋から、反対側(北側)を見たところ。
右側に米屋、酒屋、左側にお好み焼き屋が並んでいる。

1983/04(2018/06)

虎橋通りから北側に続く道

虎橋通りから北側に続く道

さらにその道の直進すると、道幅が狭くなって駄菓子屋「長島商店」に突き当たる。
子どもたちは、道路に蝋石(ろうせき)で図形を描いて、石けりをしているのだろうか。

*下の写真には現在との対比はありません。

1983/04(2018/06)

1983/04

駄菓子屋

虎橋通りから北側に続く道

長島商店の前あたりから、南側を振り返る。このあたりでは、道路は左側に拡幅され、右側の家はそのまま残っていることがわかる。
手前の家は豆腐屋だった。

1981/03(2018/06)


 

▲ 前ページへ page 1 2 3 4 5 次ページへ ▼

■「よろず話」トップページに戻る  | 「東京 -昭和の記憶-」表紙に戻る■

iPhone/iPadアプリ『timetours』 このページの写真を含む今昔の比較写真は、iPhone/iPadの今昔地図アプリ『Timetours』のライブラリ「プライムギャラリー/東京北東エリア」に収められています。
アプリ、データとも無料!
地図と対照しながら大サイズで楽しめます!